労使協定対策推進会
労使協定(36協定)、社内規定(就業規則)の総合支援サイト




 ■ 行政書士とは?


* 国家資格者です。
* 出入国管理法や宅建業法など各種業法のスペシャリストです。
* 許認可手続・行政手続のスペシャリストです。
* 民事法務・会社法務のアドバイスを行うプロです。

 行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を 受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の 権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

 国民参加型の行政が重視された結果、個人と1つの行政窓口・複数の個人と1つの行政窓口・個人と複数の行政窓口・複数の個人と複数の行政窓口など、国民と行政との関わり方も多面化・多様化してきており、また国民が官公署に書類を提出する機会も増えています。更に国民の生活スタイルが個々人によって多様化・複雑化してきたために、行政に提出する書類の作成にも高度な知識を要する書類も増えています。行政書士が、官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、又行政においても、提出された書類が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公益性があります。

 また、行政書士業務自体も、単なる書類作成業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続の業務へと変化してきており、インターネットをはじめとする情報通信社会における行政手続の専門家として大きく期待され、その必要性は今後も益々重要になっていくと言われています。


行政書士は、さまざまな法律問題の?に答える仕事。
無料相談サービスはこちら

 ■ 行政書士の業務は、多岐にわたります。
 
 会社設立、企業に必要な管理規定(秘密管理規定)などの作成、外国人の出入国手続・外国人雇用管理、農地移転・土地開発などの土地利用に関する書類作成、宅建業・建設業など建物建築利用に関する書類作成、遺言・相続などの個人財産に関する相談、著作権登録業務や各種契約書・示談書・内容証明書の作成など行政書士の業務は、非常に多岐にわたっています。

 企業内で何か疑問が生じたときや、取引先から質問を受けたとき、あるいは従業員のご家族が亡くなったときの相続についてなど、みなさまが気軽に相談できる法務の窓口として活躍します。(行政書士には、守秘義務があります。行政書士法第12条)



 拡大はこちら
行政書士業務一覧

無料相談サービスはこちら

 

 

 

Copyright (C) 2005 Rousikyouteisuisinkai(WebMasterTakuya Koshima )All rights reserved.
本サイトはInternet Explorer4.0以上、Netscape Navigator4.0以上でご覧下さい。

    無断転載・転写・コピー等を禁じます。