株式会社、合同会社(LLC)等の設立、起業支援専門サイト




企業(起業)法務対策室
トップページ


設立までの流れ>
(株式会社の場合)

準備前

設立準備1

設立準備2

定款の作成・認証

出資の履行

登記申請

設立後の手続1

設立後の手続2

<コラム>

法人格のお話

会社の所有者

定款の重要性

会社以外の法人



 <設立後の手続1>
 
G登記事項証明書、印鑑証明書の取得
  登記申請をすると登記の完了日を教えてもらえますので、完了日になったら再度登記所へ行き、
  登記事項証明書(≒登記簿謄本)と印鑑証明書を取得します。
  もし登記所類等に不備があった場合は、登記所から連絡があり、補正することになりますが、
  通常、何も連絡がなければ、登記は、完了しているはずです。

  登記完了までの期間は、登記所の混み具合にもよりますが、登記申請日から1週間〜3週間
  くらいと考えていればよいはずです。

  登記事項証明書は、登記所にある登記事項証明書交付申請書に必要事項を記載して申請すれば
  よいのですが、印鑑証明書は、現在、交付申請時に印鑑カードを添付することになっています。
  ただ設立直後なので、印鑑カードがないため、印鑑カード交付申請書+印鑑証明書交付申請書
  を提出します。

  ちなみに各種証明書や印鑑カードの交付には手数料がかかります。
  手数料は、登記事項証明書が1通1,000円、印鑑証明書が1通500円です。
  手数料は、登記所内にある印紙売り場(登記所内にないこともあります)で登記印紙を購入して
  申請書に貼付することで納付します。

 
H会社名義の口座の開設
  会社設立が無事完了したら次は、会社名義での口座を開設します。
  今後、会社の取引は、この口座を通じて行うことになりますので、今まで金融機関と取引がある
  場合、その金融機関に依頼する方がよいでしょう。
  また金融機関によっては(特に都銀などの大きな銀行)、過去に取引がない場合は、開設して
  もらえないこともあります。
  そのときは、信用金庫などの地域密着型の金融機関に依頼することになるでしょう。
  口座開設時には、登記事項証明書と印鑑証明書を要求されることが多いようです。

          (電子)定款の作成相談、認証手続代行、会社設立のご相談はこちら。


















 

Copyright (C) 2005 Rousikyouteisuisinkai(WebMaster Takuya Koshima)All rights reserved.
本サイトはInternet Explorer4.0以上、Netscape Navigator4.0以上でご覧下さい。

    無断転載・転写・コピー等を禁じます。