労使協定対策推進会
労使協定(36協定)、社内規定(就業規則)の総合支援サイト



 ■ 社会保険労務士とは?

* 国家資格者です。
* 労働法のスペシャリストです。
* 労働保険・社会保険のスペシャリストです。
* 人事労務のプロです。


 社会保険労務士制度は、企業の需要に応え、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行い得る専門家の制度です。この制度は、労働・社会保険に関する法令の円滑な実施を図り、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を目的とした社会保険労務士法(昭和43年6月3日法律第89号)により定められています。
 
 社会保険労務士とは、社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者をいいます。
社会保険労務士は、経営者と働く人の?に答える仕事。
無料相談サービスはこちら

 ■ 社会保険労務士とは、経営者と働く人の疑問に答える仕事です。
 
 社会保険・賃金・労働時間・残業・職場ルール・解雇・リストラ・セクハラ・就業規則・36協定・労働条件の変更・退職金・労使トラブルなど、労働に関するすべてについて問題を解決できる、唯一、国が認めた国家資格者です。

 労使問題の解決のため、都道府県労働局で行われる、紛争解決制度(あっせん)における代理人はもちろん、労働基準監督署への書類の作成・提出、日々の社会保険、雇用保険などの手続を業として行えるのは、社会保険労務士名簿に登録された社会保険労務士だけです。

 民間給与計算会社や税理士はもちろん、名簿登録をしていなければ弁護士も業としてこれらの業務を受託することはできません。

 近年、企業のコンプライアンス(法令順守)、企業の社会的責任(CSR)などが注目されています。その分野においても多くの社会保険労務士が活躍しております。(社会保険労務士には、守秘義務があります。社労士法第21条)


社会保険労務士リーフレット

社会保険労務士は、事業主の皆様のパートナーとしてビジネスをバックアップします。

社会保険労務士リーフレット 社会保険労務士は、事業主の皆様の”伴走者”。「ともに歩む」スタンスでサポートします。

無料相談サービスはこちら

 

 

 

Copyright (C) 2005 Rousikyouteisuisinkai(WebMasterTakuya Koshima )All rights reserved.
本サイトはInternet Explorer4.0以上、Netscape Navigator4.0以上でご覧下さい。

    無断転載・転写・コピー等を禁じます。