労使協定対策推進会
労使協定(36協定)、社内規定(就業規則)の総合支援サイト


 従来、労働基準法や労働・社会保険などに関して特別な取り扱いをされてきた短時間労働者、
つまりパートタイマーの取り扱いを定めた法律である、“短時間労働者の雇用管理の改善等に
関する法律”、いわゆる『パート労働法』が2008年4月から改正・施行されることが決まりました。

 パートタイマーに限らず、派遣社員や嘱託社員は、今や企業にとって欠かせない労働力です。
これらの労働力(いわゆる非正規社員)を上手に活用することは、企業価値の向上を図る上ため
今まで以上に重要なポイントとなってきました。
 改正法はもちろんですが、まずは従来の取り扱いを確認し、法令違反をなくしておくことは、
企業のコンプライアンスにとって大変重要な作業です。

 非正規社員雇用の基礎から、外国人雇用請負・業務委託などのアウトソーシング、更には
労務監査に至るまで記載されています。

 またポケットサイズの100問100答形式ですので、外出のときの辞書替わりとしても便利です。
当会HPをご覧になっている方は、是非お近くの書店でお手にとってご覧下さい。


改正パート労働法について、人事総務ご担当者向けの小セミナーのお申込も随時行なっています。セミナーの詳細はこちらをご覧下さい。

                    はじめてのパート・派遣社員の雇用100問100答
                  はじめてのパート・派遣社員の雇用 100問100答
                         明日香出版社(定価1,680円)



 

Copyright (C) 2005 Rousikyouteisuisinkai(WebMaster Takuya Koshima)All rights reserved.
本サイトはInternet Explorer4.0以上、Netscape Navigator4.0以上でご覧下さい。

    無断転載・転写・コピー等を禁じます。